雨の日も充実するインドア生活

大人の塗り絵を楽しもう

家で何もすることなくダラダラ過ごしているだけなら、集中力を養うために塗り絵をしてはどうでしょうか。子供の遊びじゃないかと思うかもしれませんが、子供がする塗り絵ではなく、大人が楽しむためのぬり絵があるんです。

大人の塗り絵は基本的に私たちが子どものころに遊んでいた塗り絵と同じですが、単色で塗りつぶすだけでなく陰影をつけ色を塗り重ねていく、という違いがあります。メディアで紹介されたことから大人用の塗り絵の本が飛ぶように売れ、一か月で30万部を突破しました。大人の中で密かな「塗り絵ブーム」が起きていることがわかりますね。大人の塗り絵は幅広い層に支持を集め、高齢者や20代~40代から人気を博しています。子供のころ誰もが遊んだことがあるからこそ違和感なく始められ、大人でも楽しめるということでしょう。

≪大人の塗り絵のメリット≫

大人の塗り絵はただ楽しいだけではありません。、遊びの範囲を超えた意外な効果があるのです。それは心を癒すセラビー効果、科学的にもちゃんと立証されたものです。具体的にあげるとまずストレス発散に繋がる。研究によれば時間を忘れ夢中になることで、雑念が消えストレス解消になるそう。次にリラックス効果、大人の塗り絵はリラックス状態を意識的に作り上げるため、自分が好きなように仕上げる作業は、神経をほぐしてくれる。

セラピー効果以外にも、集中力や回転力を鍛える脳トレとしても効果があります。三菱鉛筆、加齢医学研究所の調べによれば大人ならではの高い技能、ぼかしや濃淡をつける作業や色の配色を考えることは、脳をより活性化することが明らかになりました。よりきれいに塗ろうと意識すると、脳の前頭前野が活発に動き、普段鍛えられない創造力がより豊かになり。また塗り絵はまんべんなく脳を使っています。手を細かく動かす、塗る手順を考える、技法を用いて色を塗るのは前頭葉。全体の色合いを考える作業は後頭葉。さらに色や形を思い出す、覚えることは側頭葉、下絵の見極めは後頭葉。このように脳全体が働き脳を鍛える状態になり、脳の老化予防に効果的。

≪必要な道具≫

大人の塗り絵を始めるとき塗り絵の本を買うと思いますが、最初はなるべく複雑でないものがおすすめ。初めはうまく塗ることよりも、画材の表現方法を理解するため練習用と考え塗り絵ブックを選びましょう。インターネットでも無料で画像を手に入れることができますよ。塗り絵に必要なのは色鉛筆が一般的ですが、他にも色々使えます。例えばクレヨン、水彩絵具など慣れたら、道具を変えるのもありです。それぞれ特徴があるから、表現も違って見えますよ。同じ塗り絵でも画材一つで雰囲気が異なるので、上達したら積極的に様々な道具を試してください。

≪色彩感覚があれば大丈夫≫

絵を描くというのは得意な人もいれば苦手な人もいます。ただ塗り絵ならすでに下絵があるため、デッサンは必要ありません。絵心がなくとも単純に枠内の色を塗り分け、色を重ねるだけなので、とっても簡単。そして同じ題材の塗り絵でも、塗り方が違うだけで違う印象に仕上がり、オリジナリティ溢れた作品に。

塗り絵はお金をかけずに始められ趣味として楽しむのはもちろん、無心で遊べストレス発散ができリフレッシュにもなります。退屈な時間が充実、雨が降り暇な時に、チャレンジしてはどうでしょうか。