雨の日も充実するインドア生活

手軽に始められる切り絵

誰でも手軽に挑戦できる創作があります、それは切り絵です。切り絵なら絵が上手に書けなくても、もとになる絵を自分で用意すれば好きなキャラクターや人物が作成できますし、切り絵は身近にある道具で作ることができるため、経済的な負担がかかりません。

≪切り絵に必要な道具は5つだけ≫

1つ目はカッターです、簡単な切り絵であれば普段から使うもので構いません。仕上がりの良さにこだわるのであれば、細かい部分や曲線がきれいにできるデザインナイフをおすすめします。二つ目が紙です、カッターがある程度使いこなせるまでは、紙を切りやすい洋紙で作業を行うほうが安心です。3つ目は作業する際、カッターの傷を机に傷つけないためのカッターマット。ビニール製のカッターマットであればカッターの刃にやさしいため、刃が長持ちします。

4つ目が下絵と紙を固定する時必要なテープかホッチキス。下絵と紙がずれなければセロハンテープでも問題ありませんが、作品が完成した際最後に外すときは剥がすため、粘着性が強いと苦労します。5つ目は最後の仕上げに使うスプレーのり。市販のノリでもいいですがムラなく切り絵を貼れるため、作品クオリティーが変わってきます。

≪切り絵の手順≫

切り絵は簡単にできるため、作り方のマニュアルのようなものがないです。ここでは初心者の人がやりやすい一般的な作り方の手順を紹介します、あくまでも一般的な例のため自分がやりやすいようアレンジしても問題ありません。

まず切り絵の下絵を用意します。切り本にある絵を使用するなら、そのデザイン画をコピーすれば大丈夫ですが、インターネットに載っているキャラクターの絵を使う場合は、モノクロにコピーしてあらかじめ切る部分、残す部分と決めてください。初心者の方はまだ細かい切り抜きは慣れてないため、小さい絵やデザインの場合は作業が進めやすいので、拡大コピーすることをおススメします。次に下絵と色紙をホッチキスかテープを使い、複数個所重ねて留めましょう。作業中は二つ同時にカットしていくので、ずれないようしっかりと留めてください いよいよカットに移ります緊張しないで落ち着いて行いましょう。切る順番としては細かい場所から始めてください、中心部から外側に切っていくのが基本です、間違って外側から進めると切り絵がばらばらになってしまいます。下絵の線とずれても気にせず作業を続けてください、少しずれてもそれが作品の味となります。また大きく切りすぎた場合も裏からテープを貼ればわかりません。最後に切りあがった作品を白い台紙に貼れば完成です、ノリをつけすぎると皺がよるため、できるだけのりは少なくしたほうがきれいに仕上がります。台紙に貼るだけだと時間の経過で劣化してしまうので、額縁に入れると劣化防止になり作品のグレードも上がるためおススメです。

≪切り絵を楽しもう≫

今まで紹介してきたのが基本的な切り絵の手順になります。最初は難しいでしょうが、切り絵の世界は「習うより慣れろ」ですから、慣れてくれば上級者向けの細かい作品にも挑戦できるようになります。製作時間はかかりますが丁寧に作り上げれば必ず作れるので、ゆっくりと時間をかけて切り絵を楽しんでください。