スピーカーの選び方と設置方法

部屋で聴く音楽や観る映画は、できれば良い音で楽しみたいもの。しかしノートパソコンやディスプレイに付属したスピーカーでは、やはり満足な音質は手に入らないと言えます。そこで、自宅でも良い音を実現できる音響設備のそろえ方について考えてみましょう。

≪パソコン付属のスピーカーでは良い音は楽しめません≫

映画鑑賞する際に、いい音というのは想像以上に大切なことです。音楽を聴く場合にも、映画や動画を観る場合にも、高音質であることは感動をより深いものにしてくれる効果があるでしょう。

しかし、世の中のPCユーザーの中にはこの部分を非常に疎かにしている人が多いと言えます。最近のノートパソコンは以前に比べるとずいぶん音質が良くなりましたが、しょせんはおまけ程度でしかないことは否めません。そこでここからは、パソコンでも実現可能なハイクオリティー音響設備についてご紹介していきます。

≪スピーカーを選ぶ際の注意点≫

音はLとRの2チャンネルによって立体感を表現します。そのため、この二つが適切な距離で離れているスピーカーの方が、正確に音場を再現してくれます。一体型のスピーカーも悪くはありませんが、できればLとRで別れたものを用意するようにしましょう。

さらに、接続方法に関してはUSBのものを選んでおいた方が多くの場合、音質的に有利と言えます。パソコン付属の音声ジャックというのは基本的にヘッドフォンを前提とした作りになっているため、スピーカーを接続するべきではありません。また、音質というのは出力機器のクオリティーによっても左右されてしまいますので、備え付けのものよりも専用の機器を利用した方が向上する可能性が高いです。

≪設置方法ひとつで音質は変わる≫

スピーカーを用意したら次は置き場所について考えていきましょう。前述した通り、スピーカーのLとRはある程度離れていた方が自然な広がりとなります。そのため、場所が確保できるようなら1m程度は離すように設置してみてください。

また、高さと向きについても注意が必要です。まずはスピーカーと自分の耳の高さがちょうど同じくらいに来るように調整してください。そして、それぞれのスピーカーの向きが自分の座っている方を向くように設置をしましょう。

ちなみに、低音が落ち着かない場合にはスピーカーの下にある程度固めの材質のもの(レンガなど)を置いてみると良いでしょう。その他10円玉を間にかませてみる、というテクニックもあります。よく聴く音楽などを繰り返し再生しながら、ベストなポジションについて研究してみてください。

スピーカーの選び方と設置の場所で、音は驚く程聞こえ方が変わります。しっかりとしたリスニング環境が整えば、今まで聞こえなかった音に気付くことも。お部屋での過ごし方をより良いものに変えるために、ぜひお試しください。

Copyright© 雨の日も充実するインドア生活 All Rights Reserved.