ワイヤレス化をするならBluetoothを利用しましょう

マウスやキーボード、ヘッドフォンのワイヤレス化をすることは、快適なパソコン環境構築にとても有効です。その際に利用していただきたいのがBluetoothです。ここでは、Bluetoothの特徴などについてご紹介します。

≪Bluetoothでさまざまな機器をワイヤレス化!≫

Bluetoothには多くの利便性があります。まず、通常のワイヤレス機器の場合にはUSB端子にレシーバーを挿入しなくてはなりません。デスクトップパソコンなどの場合にはUSBポートがたくさんあるのでそこまで問題になりませんが、ノートパソコンだと端子の数に限りがあるため、他の機器を利用する際にいちいち抜き差しを行う必要が出てきます。USBハブなどを利用すれば数を増やすことも可能ですが、せっかくケーブルレスを目指しているのに他の機器を繋ぐというのはあまりスマートな方法とは言えないでしょう。

Bluetoothであれば、複数のデバイスをペアリングすることが可能なので、USBポートを潰すことなく、さまざまな機器を同時に使用することができます。マウスやキーボード、ヘッドフォンなどを全て接続しておけば、完全なワイヤレス環境を作り出すことができるでしょう。

また、Bluetoothを利用すると、パソコンやスマートフォン、タブレット同士でファイルの送受信を行うことができます。これもワイヤレスUSBにはない優れた機能のひとつと言えるでしょう。例えばスマートフォンで撮影した写真をパソコンに送り、ブログへアップするといった作業もスムーズに行えます。わざわざメールで送ったり、クラウド上へアップロードしたりといった手間がないので非常に便利です。

≪購入前に注意しておきたいポイント≫

Bluetoothを利用するためには、まずパソコンやタブレットなどにBluetoothを受信・送信できる機能がついている必要があります。最近のモデルであれば搭載されていることがほとんどなので特に心配はいりません。ただし、昔のノートパソコンやBTOなどで注文したデスクトップパソコンだと付いていないことも多いので、あらかじめ確認を行いましょう。もしも未対応であれば、Bluetoothレシーバーと言うものが必要となります。

また、Bluetoothにはクラスと呼ばれる規格があります。大きな違いは有効範囲です。Class1は100m程度、Class2は10m程度、Class3は1m程度まで通信距離が保たれます。それ電波出力の違いというものもありますが、これはペアリング中のみの話なので、一度 接続を行ってしまえば消費電力に大きな差はないと言えます。ちなみに各クラスには互換性があるので、それぞれの規格が同じでなくてはいけない、ということもありません。

このように、Bluetoothはさまざまな機器を快適に、しかもワイヤレスで利用できる便利なものです。各種デバイスをBluetoothのモデルへ切り替えることで、より快適なパソコン環境ができると言えるでしょう。お部屋での生活をより楽しむために、ぜひ導入してみてください。

Copyright© 雨の日も充実するインドア生活 All Rights Reserved.