自宅のWi-Fi環境を整えましょう

雨の日に家でやることと言えばやはりインターネット。今の時代、ネットの環境がないという方は少ないでしょう。しかし、現在のネットの速度に満足されているでしょうか?「うちは光回線を契約しているから大丈夫だけど?」という方も油断してはいけません。Wi-Fiルーターの性能次第では、本来使用できるはずのスピードが出せていない可能性もあります。

≪Wi-Fiルーターを買い換えよう≫

まず、ご自身で利用されているルーターがいつ頃購入したものかを思い出してください。中には、すでに10年以上同じ物を使い続けている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?もしくは、ネット回線を契約したときについてきた物をそのまま使っている、という方もいるでしょう。

最近のインターネット回線、特に光は非常に高速な通信ができます。しかし、Wi-Fiルーターがボトルネックとなり、その速度を活かせていない場合というのが多々あるのです。そのため、あまりに古いモデルを今もご利用中であれば、買い換えをすることで速度改善が望めます。

≪購入の際は通信規格をチェック≫

Wi-Fiルーターを購入する際には通信規格をチェックするようにしましょう。まず「11a」「11b」「11g」といった規格までにしか対応していないものについては候補から外してください。無線を利用出来ないわけではないですが、すでに昔の規格となりますので充分な速度が出ません。

価格的にも丁度良く、速度改善も可能になるのは「11n」という規格のものからです。実効速度が100Mbsまで出るので、Webページの観覧はもちろん、動画などもサクサク見られるでしょう。

少し注意したいのが「11ac」という規格です。これは2014年から標準化した、理論上6.93GBの速度が出る高速なものですが、まだまだ対応するパソコンやスマートフォン、タブレットが少ないのが実情です。さらにこの規格のWi-Fiルーターは価格も高くなるため、もし手持ちのデバイスが対応していないのであれば、無理に購入する必要はありません。

≪スマホは帯域制限に注意≫

ちなみに、「インターネットはスマートフォンだけでやるから、家にWi-Fiはいらない」という方もいるでしょう。もちろん、現状で不便がないのであればそれでも問題はありません。しかし、通信会社によっては帯域制限というものを設けている場合があるので、動画や重たいファイルのダウンロードを繰り返すとこの対象になってしまうことがあります。

一定の通信量を超えた場合、通信速度が一気に低速になり、制限が解除されるまで不自由な状況が続いてしまいます。さらに、アプリのダウンロードなども、Wi-Fiでなくては許可されていない、といったものがありますので、快適にスマートフォンを使うにはやはりWi-Fi環境の準備は必須と言えるでしょう。

自宅で思う存分インターネットを楽しむためには、速度は非常に重要なポイントです。Wi-Fiルーターの買い換えによって改善が可能ですので、ぜひご検討ください。

Copyright© 雨の日も充実するインドア生活 All Rights Reserved.