こだわりのコーヒーでクールな大人の休憩を

大人の休憩時間といえば、飲み物はコーヒーが定番です。忙しい仕事中は缶コーヒーで済ませてしまう人も、せっかく時間のとれるインドアな休日は、自宅でゆったりコーヒー片手にくつろぎたいものです。手軽なインスタントのコーヒーもいいけれど、ちょっと贅沢をして、自分でコーヒーを淹れてみませんか。こだわりのコーヒーで大人の休憩時間ができたら、インドアの1日もずっと楽しいものになりそうですね。今回は、自分で淹れたコーヒーを楽しむためのポイントをご紹介します。

≪コーヒー豆を買う時のポイント≫

・何よりもまず、買う「量」に気をつけて
コーヒーを買うときは必ず、必要な分だけ買うようにしましょう。コーヒーは何より、鮮度が命です。どんな豆を選ぶかというよりも、コーヒー豆が新鮮であることを重視しましょう。必要以上の量を買ってしまい、保存期間が長くなってしまえば、その分コーヒーの味も落ちてしまいます。

・できるだけ挽かずに買う
コーヒー豆を挽いてしまうと、酸化の進みが早くなり劣化しやすくなります。できるならお店で挽いてもらわずに、そのまま買うのがベストです。可能であれば自宅にコーヒーミルを用意しましょう。こういった道具は思い切ってそろえてしまった方が、趣味として楽しめるかもしれません。

・好みの味を探す
コーヒーは、焙煎の度合いで味が変わります。焙煎の度合いが浅ければ酸味が強くなり、焙煎の度合いが深ければ苦みが強くなります。あなたの味の好みに合った豆を探しましょう。専門のお店に足を運び、「こんな味」と自分のイメージを伝えて、選んでもらってもいいでしょう。まず初めはブレンドを買ってみる、というのもひとつの手です。ブレンドは、味の特徴をとらえやすいように、いくつもの豆を調合してあります。

≪ドリップする?コーヒーメーカーを使う?≫

いよいよ買ってきた豆で、コーヒーを淹れます。フィルターを使って自分でドリップするか、コーヒーメーカーを使いましょう。

・ドリップする
フィルターを使って自分でお湯を注ぎ、コーヒーを淹れます。素材の成分を変えずに旨みを引き出したコーヒーを淹れられるのが、ドリップのメリットです。しかし、慣れるまでは失敗することもあり、上手にコーヒーを淹れるには経験が必要になります。一層のこと、インドアの1日を、おいしいコーヒーを淹れるドリップの練習に使ってみるのもいいかもしれません。

・コーヒーメーカーを使う
機械を使って自動でコーヒーを淹れます。手軽に、忙しいときでもコーヒーを飲めるのがメリットです。ただし、コーヒー本来の旨みを引き出しにくく、保温によって風味がこわれやすくなるという難点もあります。とはいえ本人が飲んでみてそこまで気にならないようでしたら、こちらでも十分。スタイリッシュな見た目のものが多いですから、キッチンのインテリアとしても、インドアの1日を楽しいものにしてくれそうです。

夏にはすっきり爽やかに、アイスコーヒーを淹れてみてもいいですね。水出しのコーヒーは苦みが出にくくまろやかになりますから、また違う味わいを楽しめます。

自分で淹れたコーヒーがあれば、インドアの1日をさらにクールに過ごせそうですね。あなたもコーヒーカップ片手に、大人の休憩時間を楽しんでみませんか。

Copyright© 雨の日も充実するインドア生活 All Rights Reserved.