雨の日も充実するインドア生活

みなさんは雨の日に、どのようなイメージを抱いているでしょう? 「うっとうしい」「憂鬱だ」「外に出たくなくなる」…一般的に、あまりポジティブな受け止められ方はしていないでしょう。しかし、雨の日だって確実に人生の1日です。ぼんやりと時間を消費するのは寿命の無駄遣いとも言えます。せっかくなら雨の日も楽しんで過ごしたいものです。

≪思い出は、いつの日も…?≫

2008年の統計によると、日本では年間に113日、雨の日があったそうです。概算で1年の3分の1が雨ということになります。また、一生の30%が雨ということにもなるでしょう。無為に過ごすには、あまりにももったいない膨大な時間ではないでしょうか。

もっとも、なかなか雨の日に外に出て遊ぼうとは思えません。傘を差して街を歩くのも億劫ですし、ドライブにも向きません。遊ぶならば、家の中でのレクリエーションを考えることになります。週に2回の雨の日のために、常に遊びの準備はしておくべきでしょう。

ここで面白いサイトをご紹介します。1年間に雨の降る日数、降水量などが地域別でしらべられる気象庁のサイトです⇒気象庁 | 過去の気象データ検索
使い方を少し説明させていただきます。例えば横浜で1年間で1mm以上の雨が降る日数を調べたい場合は
◆都道府県選択で「神奈川県」を選択⇒地点の選択で「横浜」を選択⇒テーダ種類の「年ごとの値を表示」⇒詳細(気圧・降水量)を選択⇒表の降水量(mm)の欄にある「≧1.0mm」の箇所の値が日数になります。

≪室内で盛り上がれ!≫

パソコンやケータイを使えば、いくらでもヒマつぶしができるはずです。たとえば動画投稿サイトで、興味のあるビデオを閲覧しまくる。投稿をしてみるのも楽しいかもしれません。ソーシャルゲームサイトで、仲間と交流しながら遊ぶのも1つの過ごし方です。

友達を家に呼んで騒いでも良いでしょう。トランプや人生ゲームと言った定番のレクリエーションに興じてみる。あるいは、昼からお酒を飲んでおしゃべりをするのもアリ! 雨の日は、意外にも普段付き合っている人々との関係を深めるのにも最適な時間です。

≪新たな仲間を探して…≫

SNSやアプリをいじるのも雨の日の楽しみ方の1つでしょう。ツイッターやフェイスブックをこまめに更新していれば、誰かから反応があるかもしれません。ネットを通じて同じ趣味を持った仲間、あるいはまったく別な年代の誰かと知り合えるのも、閉じこもりがちになる雨の日の魅力。外に出なくても、自宅で世界とコミュニケートできるんです!

布団にくるまって惰眠を貪るだけが、雨の日の過ごし方ではありません。グッズを揃えてインドア生活も思いきり味わってしまいましょう。年間に3分の1の雨天を遊びつくすことができれば、つまり人生が確実に30%以上面白くなるはずです!

Copyright© 雨の日も充実するインドア生活 All Rights Reserved.